土用丑の日

先週の木曜日、飲み仲間のTさんから、「明日金曜日にクジラとウナギでどうですか」と飲み会の誘い。
ああ、美味そう、と何も考えず参加の返事をした。
店に少し遅れて参加すると、クジラの刺し盛りが、テーブルの上に鎮座していました。
うーん、お正月以来です。
そもそも長崎人はお正月にクジラを食べる風習があるのですね。
日本酒は3種類。賀茂泉純米大吟醸、河津酒造の純米酒、農口の純米酒でした。
けっこう、どれもしっかりとした味わいてウナギやクジラの味に負けず、自己存在を主張していました。
しかしながら、味のじゃまはしない。優等生なお酒です。
白焼きのワサビ醤油はたまりません。ウナギ本来の、美味さをワサビの辛さが上品にひきたてる。
脂がのったクジラは口のなかでまろやかにとろけ、その残りの余韻をしっかりした酒で流し込む。
酒が進む進む。

しかし、今日は何故豪華なんだろうと疑問に思いながら、酔い潰れ、爆睡。

翌日の朝に二日酔いのあたまて、ああ土用の丑の日だったんだ、と初めて気が付きました。(笑)
d0069334_08394722.jpg

d0069334_08394708.jpg

d0069334_08394701.jpg


[PR]
# by blackcat1996 | 2015-07-28 08:39

島原

長崎県の島原半島へ行ってきました。
(といっても2、3ヶ月前)
小浜という温泉に宿泊し、
雲仙の硫黄が噴出す地獄を見学し、
島原で島原城を見て、名物具雑煮を食べるという行程です。

何度も行き慣れたところではありますが、
行けば行ったで、それなりに楽しめます。
d0069334_14131456.jpg

島原城内にある、彫刻家の北村西望の像です。
長崎の平和公園にある平和記念像の作者として有名であり、
ここには彼の制作した像が何体もあります。

この像については、作品名は知りませんが、恐ろしい像です。
ものすごい形相をして何かを指差し、怒っているようです。
よく観光客はここで、指の先に自分の指を指し返したり、
像の前で怒られる役を演じたりしています。
実は長老のことです。
d0069334_14132969.jpg

「具雑煮」という郷土料理です。
昔、島原の乱の際に、一揆を起こしたキリシタンが
原城というところに、篭城した際に食していたと言われています。
何でも入った雑煮で、非常に美味です。
具が多いためかダシはしっかり効いており、
量も多いため、お腹いっぱいになります。

島原を訪れる観光客は、必ず食べるものです。
他にも「寒ざらし」「六兵衛」といった名物もあります。
「寒ざらし」は白玉のシロップがけといった、素朴な田舎の甘味であり、
「六兵衛」というサツマイモからつくった麺料理になります。
島原を訪れた際は一度味わってみてはいかがでしょうか。

あと、忘れてはいけないのが日本酒。
焼酎に押され、日本酒発展途上国といわれる
長崎にあって美味しい酒を作り出す酒蔵「吉田屋」。
島原市ではないのですが、「萬勝」という銘柄の酒を造っており、
長老はこの蔵のお酒を好んで飲んでおります。

それでは、また。
[PR]
# by blackcat1996 | 2007-02-03 14:14 | 風景

チョコレートが食べたい!

d0069334_3145720.jpg
チョコレートが食べたい!

久しぶりに東京出張に行った長老は思った。
モノレールに揺られながら、
東京在住の友人にメールした。

「やっぱり一番有名なのは伊勢丹地下
に入ってる‘ジャン=ポール・エヴァン‘がダントツだよね。」
らしい。
何でもいろいろと規制が厳しい伊勢丹のテナントで
唯一、入り口の扉を付けるのを認められているらしい。
徹底した品質管理を行なっている。
それほどすごい店なのだろう。

伊勢丹の地下にもぐり、店を探す。
どうもデパートの地下は苦手だ。
ごちゃごちゃしてどこに何があるかわからないし、
都市部の巨大デパートなんか
地方からやってきた長老にとっては迷路のようである。
(ちょっと大げさ・・・)

案内図に従って、地下を進んでいくと
なんなくお店を発見。
なるほどガラス張りのスペースで
高級感が溢れている。
ドアを開ける人も専属でいる。
まるで銀座のブランドショップみたいである。

チョコレートの心地良い香りが
あたりに漂う。
お土産用に何点か購入。
自分用にはたくさん種類がある板チョコの
1枚を選ぶ。
全種類欲しいが、値段もそこそこするため
そうもいかない。

店を出て、チョコを入れている紙袋をよく見ると、
福岡にも支店があるではないか。
美味しかったらまた今度買おう。
[PR]
# by blackcat1996 | 2007-01-12 03:15 | 日常

居酒屋

昔ながらの居酒屋が好きだ。

使い込まれたカウンターやテーブル。
色あせた暖簾。
もちろん手作りの肴と
人情味ある接客。
分別のある大人の客。

こういう店でのんびりと過ごすのが
たまらなく快感である。
最近幅を利かせるチェーン店は
最近は行かない。

マニュアル通りの接客。
冷凍食品の料理。
バカ騒ぎする学生。
以前は長老もこういう店によく行っていたが、
最近では落ち着いてゆっくりと
酒が飲みたくなった。

もちろんバカ騒ぎしたいときもあり、
それはそれでよいと思う。
しかし、仕事帰りに一杯引っ掛けたい、
と思うことがここ数年多くなってきた。
腰を落ち着けて飲むのではなく、
ささっと飲んで、帰る。

そういうときには、流行の立ち飲み屋か
BAR、冒頭に述べた居酒屋が適している。
仕事帰り、寒風吹く中でコートの襟を立てて、
一人でふらっと立ち寄る。
大好きな吟醸酒や純米酒でなくてもいい。
大手の酒でもかまわない。
気の利いた肴と心から落ち着ける場所が
必要なのだ。

先月、東京出張の際に立ち寄ったお店も
そんな店だった。
銀座の外れ、三州屋。
入り口近くのカウンターに座り、
肴数品とビールを注文。
その後、冷酒を追加した。

隣に座った中年紳士二人連れに
地下鉄の路線について質問したことから
いろいろ会話を交わした。
二人は音効会社の社長さんと
元声優プロダクションの社長さん。
美味しい店の情報を聞き出したので、
是非、次回の出張の際には
立ち寄ってみたい。
d0069334_200315.jpg

[PR]
# by blackcat1996 | 2007-01-06 20:01 | アルコール

新年おめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

久しぶりの投稿になります。
昨年の11月11日より、仕事の忙しさに
かまけて、ブログをほったらかしていました。
残業して帰ってくると、パソコンの電源入れても
ニュースのチェックくらいで、
まともに向き合っておりませんでした。
それより、ご飯!お風呂!の毎日で、
ブログを更新する気力は残っておりませんでした。

さて、話は変りますが、皆様はどのような年末を過ごされ、
また年始を過ごしていらっしゃるでしょうか。
長老は飲んで、食べて、寝てのくり返しです。
31日のお酒は八海山の生酒、「越後で候」
d0069334_22484631.jpg

1日は「越乃寒梅別撰」(特別本醸造)。
(写真撮り忘れた)
2日は長崎が誇る銘酒「六十餘洲蔵出し生貯蔵酒」。
d0069334_22491718.jpg

いずれも名品ばかり、
飲んだくれております。

年末には携帯電話も300万画素のやつに
買い換えましたので、
これから写真もたくさんとって、
ブログを更新していきたいと考えています。

今年はこんな感じで行きますのでよろしく!
d0069334_22495690.jpg

[PR]
# by blackcat1996 | 2007-01-02 22:50 | 日常

ゆふいんに行く①

先週、連休を利用して、大分県の由布院温泉へ
行ってきた。

九州では熊本県の黒川温泉と並んで
人気のある温泉地である。

由布院へは特急ゆふいんの森号を利用して
向かった。
車内はやや豪華なつくりで
全席指定のため、混雑せずゆっくりと
車内で移動時間を過ごせ快適である。

昼頃、ゆふいん駅に到着すると
天気は良く晴れて、駅前から由布岳が
見えた。
駅前から、金鱗湖方面へ伸びる
通りは「由布見通り」というらしい。

その名のとおり、駅の改札を抜け、
通りに出ると、雄大な由布岳が
真正面に見える。
d0069334_13162155.jpg


温泉好きな長老と同居人は
その通りをまっすぐ、
金鱗湖のほうへ歩いていくことにした。
[PR]
# by blackcat1996 | 2006-11-11 13:17 | 風景

長老、ハーフマラソンで惨敗

午前中、ハーフマラソンに出場してきた。
ろくに練習もせず、勢いだけで参加する。
高校時代は陸上部で頑張っていた長老も
今ではただの小太りオヤジ。

当時から体重が25キロも増えている状況で、
日常練習しているわけでもなく、
筋力も心肺機能も明らかに落ちている。
ある意味自殺行為だ。

しかし、陸上部魂は今も健在で、
走りたくない、疲れるのはイヤだ、と
思いつつも、いそいそと申し込む。

そんな状況で今日のレースに臨んだ。
目標は1キロ5分ペース。
これだとハーフでは1時間50分弱でゴールする。
うまく行くといいが・・・。

スタートの号令がかかる。
人数が多いため、スタート地点を通過するのに
1分近くかかる。
人ごみの中を軽やかに走り出す。
足も軽い。
いけるかも・・・。

10分後、自分が大甘だったことに気づく。
まだ2キロなのに足が重くて、前に出ない。
息が上がる。
やはり、練習しておけばよかった・・・。
事前に練習しておくだけで大分違うのだ。
先が思いやられる。

ボランティアで誘導や警備をしている職場の
人たちに無様な姿を見られ、
歩いているときに「走れ!」と怒られながら、
途中の関門の時間制限にもかからず、
何とかゴールにたどり着く。

結果は予定時間を30分以上もオーバー。
39歳以下の540名中、400番台。
情けない結果だ。
とても元陸上部とは言えない。
やれやれ・・・。
d0069334_14191235.jpg

招待選手として有森裕子が来ており、
一緒に写真でもと思ったが、
恥ずかしくて断念しました。
[PR]
# by blackcat1996 | 2006-10-29 14:19 | 日常

女は女である

d0069334_1252350.jpg
先日、ゴダールの「女は女である」を観た。
ほんとに映画は久しぶり。
学生時代は良く観てたんだが、
就職してからは、徐々に映画から遠ざかり・・・
ほとんど観ない状態になっていた。

あるとき、商店街の映画祭が開かれるのをチラシで知った。
上映作品は「眺めのいい部屋」「ひまわり」「幸福」
「山猫」「ジャック・ドゥミの少年期」「女は女である」
の6作品。
本当は全部観たかったものの、
残業で忙しい時期で、一番好きなゴダールの
作品を見ることにした。

「女は女である」はアンナ・カリーナ主演のコメディである。
カリーナ演じる主人公はあるとき突然に
24時間以内に子供が欲しいと思い立つ。
そこで同棲相手のジャン=クロード・ブリアリに相談するが、
なかなか乗り気にならない。
そこでブリアリの友人であるジャン=ポール・ベルモンドに
子供を作ろうと相談する。
そしてそこから始まるカリーナとブリアリの痴話げんかの日々。

ストーリー的には劇的なことは何一つ起こらないような
単調というか退屈というか、そんなものなのだが、
実際に観てて思わず楽しくなるような、出来事が繰り広げられる。
まさしく映画のテクニック、それと女優の力。
カリーナはどこまでも可愛らしく撮られており、
その後結婚したゴダールの想いが十分に伝わってくる。
1966年にフランスでテレビのために作られた映画「アンナ」で
ファンになった長老としては、この作品でも彼女の魅力が
とても伝わってきた。

長老はフランス映画が好きであるが、
フランス人に知り合いはいないし、
フランスにも行ったことがない。
勝手にフランス映画でフランスをイメージしているわけだが、
この作品のカリーナの演技は長老のこのイメージを
決して裏切らないものである。
カリーナは作品中でも実生活でもコペンハーゲン出身であるが、
あきらかにフランス女性である、と思ってしまう。

カリーナが演じる主人公は自由気ままに生きて、
自己中心的。
周りに迷惑もかけるが、最後には皆を幸せにするような
振る舞いである。
痴話げんかなんか、思わず長老の私生活に
通じるものを感じてしまう。

人生を思い切り楽しもう、という姿勢がこの作品の
カリーナの演技に現れていると思う。
キュートであり、おしゃれ。
また、カラーであるこの作品でその映像の中の
色使いが青や赤をうまく使い、
すごくポップである。
とても45年前の作品とは思えない。

「女は女である」
まさしくその通りの映画である。
[PR]
# by blackcat1996 | 2006-10-21 01:25 | 音楽・本・映画

分校キャンプ2006 最終章

翌日、爽快な気分で目が覚めた。

例年、出発の日の朝は
前日に飲みすぎて、多少なりとも
お酒が残っているのだが、
今回は早めに就寝したため、そのようなことはない。
もう、ここにくるのも9年目なので、
長老も少しは歳をとったのだろうか。(まだ若いけど)

朝食はスパ王。
あのインスタントのスパゲティである。
以前も書いたかもしれないが、
出発の日の朝に洗い物をしたくないという
ぐうたらな考えによる。
普段食べないせいか、意外といける。

簡単な昼食を済ませると、
のんびりと撤収準備だ。
食器やナベ、ガスストーブなどを綺麗にする。
炊事場や調理室、宿泊室なども掃除する。
シュラフを干す。
ある程度片付くと、しばらくの休憩だ。

最後の泳ぎを小学生用プールで楽しんだり、
周辺をぶらぶらしたり、
集会室でピアノを弾いたり、
余ってぬるくなったビールを飲んだり、
皆が名残惜しそうに、分校に別れを告げる場面だ。

やがて11時を過ぎる頃、長老が口を開く。
「行こうか・・・」
その言葉をきっかけに荷物を車に積み込み、
車をエンジンをかける。
私たちを乗せた2台の乗用車は、ゆっくりと進みながら、
分校を後にする。

長老は、車の助手席から、
分校にそびえる大きな木と木造校舎に
左手を軽く2、3度振って、呟く。
「また、来年。」
d0069334_2514969.jpg

山を降りると2泊3日の身体の汚れを落とし、
すっきりとするために温泉センターに立ち寄る。
分校では水を浴びることしか出来ないので、
この帰りがけの温泉が楽しみである。

十分に温泉を楽しんだ後は高速を使って熊本に戻る。
以前は国道を帰っていたのだが、
年々会員の高齢化に伴い、
疲れが増すとの理由から、最短時間で帰ることにしている。

温泉センターは山間部の集落にある。
緑が多くて、空気が美味しい。
d0069334_2495496.jpg

側の畑には栗の木があった。
まだ栗の実は立派なトゲトゲはついているものの、
緑色のままである。
秋には美味しそうな栗になるのだろうな。
(これを書いている今はすでに秋になってしまったが・・・)
d0069334_2502836.jpg

d0069334_250963.jpg


さようなら、夏休み・・・



「分校、上空より眺める」
d0069334_13373376.jpg

[PR]
# by blackcat1996 | 2006-10-14 02:54 | 野外活動

分校キャンプ2006 その15

夕食は何を食べたのか覚えていない。
Jが得意げにダッジオーブンでパンを焼き、
その後、鯛の塩釜焼きを作ったが、
塩がコチコチに固まって鯛の身から外れない。
d0069334_3553497.jpg

木のハンマーで叩いて、すこしづづ破壊。
ずいぶんしょっぱい鯛を食べることになった。
そういう状況で、メインディシュはこの料理となった。


<※この間の記憶がないのでこの食事の情景は
他の会員がコメント欄に書いてください。>


おなか一杯になった私たちは、
宴会へ突入した。
ホーミーが帰ってしまったので、
ホーミーは聞けなかったが、
あいかわらず会長のなりゆきギターで
歌を歌い、酒を飲んだ。

そして、校庭へ出た。
小さな砂利が敷き詰められており、
そこにブルーシートを敷いて、
皆で横たわる。
夜空が広がる。
ここには夜空を明るく照らす照明や
サーチライトはない。
星がきれいだ。

無数の星が視界一杯に散らばっている。
貴重な女性参加者のSもWも星に見入っている。
特にWは分校初参加ということで感動したようだ。
「来てよかった・・・」
静かな分校の校庭にその声はかすかに響いた。

流れ星が時折見える。
願い事を言おうとしても、あっという間で
なかなか言えない。
そんなものなんだよね。
そのはかなさが流れ星のよいところ。
ゆっくり流れてては願い事たくさん言えて、
ありがたみもないだろう。
そもそもロマンティックじゃない。

しかしながら、そんな感傷的な夜は長く続かず、
再び宴会にもどる。
長老は不参加だった副会長Nからの
差し入れである純米大吟醸酒(4合瓶)を会長と飲む。
すでにビールや焼酎を飲んでいる長老は
大吟醸の美味さに釣られ、ぐいぐい飲んでしまい、
すっかり酔っ払い、眠くなってしまった。
会長も横たわり、きつそうだ。
それに比べ、いくつか若いJはますますはハイテンションに
なって、時折奇声を発している。

ああ、眠い。
長老は教室の中へよたよたと戻り、
歯を磨いて、シュラフへ潜り込んだ。
その前に校庭の仲間を写真で1枚パチリと撮ってから。
d0069334_20434681.jpg

お休み・・・。


<この後の顛末は長老は知りませんので、
これもまた他の会員がコメント欄に書いてください。
聞いたところによるとJは校庭で丸太を枕に朝まで寝たらしいが・・・>
[PR]
# by blackcat1996 | 2006-10-10 20:46 | 野外活動