<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京出張

久しぶりに東京出張に行って来ました。
10ヶ月ぶりです。

午前中に東京へ着かなければならなかったため、
朝早く起きて、空港へ行きました。
飛行機の中ではipodで音楽を聴いていましたが、
いつの間にか寝てしまい、3人がけの席の真ん中に
座っていたため、目が覚めたときには、
頭が横の人の座席の背もたれまで
進入していました。
さぞ迷惑だったでしょう。

昼ごはんは乗換えで中途下車した秋葉原で食べました。
ヨドバシカメラ近くの「仙波」という蕎麦屋で
名物の「くるみそば」をいただきました。
d0069334_20553621.jpg

(少し食べてから気づき写真を撮る)

蕎麦はつるりとした感触であり、くるみを練りこんでいるらしい。
汁がくるみだれになっており、未知の味。
ごまだれのような感じである。

これが蕎麦の麺とよく合って、独特の美味しさをかもし出している。
最後は蕎麦湯で汁もいただく。
ご馳走様でした。

結局、美味しかったものの、量が足りず、神田の方まで足を伸ばし、
以前店舗改装中で入れなかった、「まつや」に行く。
扉を開けると、客でいっぱい。
入り口近くに空いた席を見つけ、もりそばを注文。
甘めの濃い汁を味わいながら、
東京へきたんだなあ、と実感したのでした。
d0069334_205656.jpg

(写真を撮れる雰囲気ではなかったため、東京蕎麦食というHPから
写真引用しました。このHPをガイドに蕎麦探訪をしている)

おかげで出張の目的の会議が開催されるホテルに到着したのは、
会議が始まる直前でした。

やれやれ。
[PR]
by blackcat1996 | 2006-06-30 20:56 | 日常

ビワ(枇杷)

うちの実家ではビワ(枇杷)を少しだけ栽培している。
実家所有のわずかばかりの山林に
ビワの木が3本ほどあるのだ。

毎年、4月に枝になっている小さな果実に
袋をかぶせる作業を行なう。
その際、ひとつの袋に3、4個を目安に
果実を摘み取り、間引く。

紙で出来た袋は口のところに細い針金が
入っており、それを枝に巻きつけ固定する。
しっかり、巻きつけないと雨や風、そして鳥の襲撃に
耐える事が出来ない。

もっとも、カラスなどは紙の袋をくちばしで破って、
ビワの実をついばむのだが・・・。

そして、6月の梅雨のはじめ頃に収穫となる。
今年は面倒くさいので、肥料もやらず、
また、袋かぶせる時期が遅く、
果実に傷がついていたりして、
あまり、きれいなビワはならなかった。

傷があったり、形が不恰好でとても商品としては
表に出せない品である。
しかしながら、味はいい。
みずみずしく、甘い。
店頭で売っているものは綺麗だが、
あまり甘くなく、ハズレのビワも多い。

それにくらべて、長老家のビワは外見より
中身で勝負といった感じだ。
ビワ好きにはたまらないと思う。

種が他の果物に比べ、果実に占める割合が高く、
食べにくい果物であるが、すっきりした甘さで
初夏を感じさせるには十分な食べ物である。

デパート等で綺麗に箱詰めされたビワを
見かけることがあったら、思い出して欲しい。
南国九州の栽培農家のおじさんおばさんが
一房、一房、丁寧に袋かぶせを行なっていることを。
d0069334_325081.jpg

我が家のビワ(綺麗じゃないなあ~、美味いけどね)
[PR]
by blackcat1996 | 2006-06-29 03:25 | 日常

初心者

昨日、雨が降る中、仕事帰りのバスの中で
ぼーっとしていると、
交差点に警察の事故処理の車が止まっていた。

すぐ近くに2台の車。
1台の軽はボンネットが半分くらい、
ぐしゃっと曲がっている。
そして、その曲がったボンネットには
若葉マークが貼られていた。

実は長老(名前も承継しました)も、最近は
脱ペーパードライバーを目指して、
若葉マークをべたっと目立つように貼って、
運転の練習をしている最中だ。

そのため、事故車の若葉マークが目に入ったとき、
少しドキッとしたのだ。
長老もバイクや他人の車に同乗している時に、
何度か事故にあっている。

しかし、自分で車を運転して、事故にあったことは
まだ、ない。
歩行者やバイクと衝突!と考えると恐ろしい。
それでも、運転しなければ上手くならない。
用心して運転するのみだ。

ゴールド免許証の中の長老は
どことなく不安げな顔をしているようだ。
d0069334_211956.jpg

若葉マークばっちりの愛車
[PR]
by blackcat1996 | 2006-06-27 21:19 | 日常

復活の朝

世間ではブログというものが流行っているが、
飽きっぽい性格の人には
継続させることはなかなか難しいものである。

私の知人にもブログを2年間続けていた者がいるが、
仕事の忙しさと面倒になってしまったため
中断してしまった。

はじめは音楽や本、映画などを
語りたかったらしいが、
そういうものを見たり聞いたりする時間も
なくなっていき、
携帯電話の写真日記みたいになっていってしまったらしい。

まあ、それでもいいと思う。
いろんな人が訪問するブログでなくとも、
こっそり自分が楽しめればよいではないか。

わたしもそういうスタンスで行こう。

6月、梅雨。
小雨交じりの早朝の新宿高島屋を見ながらそう思った。
d0069334_2125250.jpg

[PR]
by blackcat1996 | 2006-06-25 21:04 | 日常